放生寺

現在位置: ホーム > 四国遍路記2
四国遍路記2 平成20年10月に四国八十八ヶ所第1番霊山寺から第51番石手寺まで巡礼を致しました。今回は結願所第八十八番大窪寺を目指し、更にお礼参りに高野山迄の参拝を、平成21年5月12日より5泊6日で行って参りました。道中雨に見舞われることもなく、美しい花の咲く好季に無事に成満致すことが出来ました。感謝。 南無大師遍照金剛。


 
さすが二回目ともなると気合いが違います。先ずは当山で道中安全祈願の般若心経一巻を上げてから出発。

 
ついに来ました瀬戸内海!四国を4分の3巡ったことになります。

 
むかしは半日掛けてお参りした難所も

 
今は林道が出来て車でお参りできるようになりました。しかし、長く険しい道です。

 
車を降りてから山深い歩道を歩くこと20分

 
そこに待っていたのは……全山満開の見事なシャクナゲ!

 
黄色いツツジも我々を出迎えてくれました。

 
“皆さ〜ん、美しいお花の前ですから思いっ切りお澄まししてね〜”パチリ!お見合い写真に使えるほど皆さんいい表情してます。正に花へんろ。

 
今般の団員の皆さまはとてもノリが良く…と申しましょうか何事にも積極的で、フレンドリーなお大師さまがいらっしゃると、

 
このように……

 
手を差しだし……

 
なんだか面白そうな岩を見つけると……

 
やはり……

 
このように……してしまいます。

 
でも、ちゃんと前回同様 毎日、毎日心を込めて

 
お参りをされました。

 
ナンと!宿坊では朝5時半からの勤行にも参加。

 
そんなこんなで、遍路行は進みいよいよ、最後の讃岐の国へ。讃岐と云えば、お大師さま。(なかなか今風の字体ですね!)

 
讃岐と云えば、お大師さま お誕生処 善通寺。

 
讃岐と云えば うどん!!

 
毎日食べても飽きることのない美味しいうどんに舌も心も癒され、

 
更には驚きのプライスにサプライズ〜〜!!カルチャーショックを受けながらも遍路行はいよいよ佳境を迎え、

 

 

 

 
ついに八十八番結願所大窪寺に参拝し無事に成満する事が出来ました。長く険しい旅であったはずなのに、皆本当に晴れやかで清々しいいい顔してます。あれれ〜〜誰かさんはバンザイまでしているぞ〜。最後まで明るい団員の皆さまでした。

 
大窪寺門前での記念撮影。(住職が離れて立っているのは嫌われているのではなく、碑を写真に入れるからですよ〜。)

 
そして、第一番霊山寺にお礼参りをし、

 
翌日は初夏の晴天の中 気分も晴れやかに一の橋より杉木立の参道を2km歩いて高野山奥の院にお礼参りを致しました。

 
こうして、昨年より延べ10泊12日にて行った四国八十八ヶ所巡礼。お大師さまと同行二人の旅は終わりを迎えました。

 
そう云えば……あちこちで迎えてくれた小坊さんが「また、来てね。」と云っていたような気が……開催は未定でありますが、また必ずやお四国にお参りに行こうと思います了。

巡礼を終えて

Copyright ©2005-2017 Houshouji all rights reserved.